IBM Watson活用
AIチャットボットソリューション

チャットボットソリューション CB1 / CB2 は、問合せ業務を中心に社内外での業務に活用いただける
IBM Watsonを活用した法人向けチャットボットです。
1問1答形式のAIチャットボット CB1 と、質問者との対話の継続を実現する上位製品の CB2 があります。

  • CB1
  • CB2

チャットボットソリューション CB1

CB1は標準機能では問合せ自動応対を行いますが、オプション機能を組み合わせることで、
◆基幹システムと連携した業務の自動化
◆お客様の声分析による製品・サービス改善
へと活用範囲を広げることが可能。
さらに、蓄積した問い合わせデータをもとに学習させることで、より精度の高い回答、有効な分析に活用できます。

他社チャットボットサービスとの違い

1.学習データチューニング支援サービス/2.豊富なオプション、連携ソリューション/3.基幹システム連携適用範囲拡大

ビジネス適用例(活用シーン)

お客様向けサービスへの適用

  • オムニチャネルオンライン接客
    ⇒ ビジネス機会創出・売り上げ増
  • カスタマーセンター支援
    ⇒ 24時間対応・サービス品質平準化
  • 対話型レコメンデーション
    ⇒ 関連商品提案・クロスセル加速

社内業務への適用

  • 人事・総務・経理等 バックオフィス業務問い合わせ対応
  • 製品情報・顧客情報等 営業支援系問い合せ対応
    ⇒省力化・回答品質平準化
  • 社内基幹システムと連携
    ⇒常に変動する業務データのリアルタイム応答・特定業務自動化

活用システムイメージ

活用システムイメージ

画面イメージ・デモ

機械保守問合わせ業務
総務関連問合わせ業務

標準機能とオプション

CB1は多くのオプションにより広範な活用ができることが特長です。

標準機能とオプションイメージ

そのほかの主な連携ツール:
① LINE,Skype,Facebookメッセンジャー
② 国内導入実績No.1有人チャットサポートツール LIVE800 と連携検証済み
③ EAIツール「DataSpider Servista」 / OBC社奉行シリーズへの接続は「Tsunagu for 奉行」(日本電通 製品)で実現
④ Watson Explorer(WEX)
⑥ IBM Watson 音声認識API(STT)

CB1 / CB2 に関するお問い合わせはこちら
・詳しい説明が聞きたい ・デモが見たい など

さらに豊富な会話パターン対応! CB2

CB2の特長

CB2 は IBM Watson の対話型 API を活用し、さらに豊富な会話パターンに対応します。

CB2の特長

CB1とCB2の違い

CB2は気配りのある1問1答に加えて、対話形式の質問絞り込みに対応することで、CB1よりも広範囲の会話に活用可能です。

CB1とCB2の違い

CB2+RPA/基幹システム連携 ~ PC見積作成の例 ~

RPA/基幹システム連携の例