2017年2月28日 15:00 / by セミナー事務局

IBM Watson を活用したチャットボット製品「CB1」の販売を開始~ AIにおける自然言語処理技術の活用により、社内外の問合せ業務を自動化し、省力化とビジネス拡大を支援します ~

日本電通グループ*は、IBM Watson日本語版を活用した、人間に近い自然な会話による応対を実現するチャットボット製品「CB1(シービーワン)」(以下、本製品)を、2017年3月より販売を開始いたします。

AI技術は、近年の著しい発展により、ビジネス現場での活用は今後ますます加速すると予測されます。
そうした背景の中で、日本電通グループは「IBM Watsonエコシステムプログラム」*に参加し、IBM Watsonを活用したアプリケーションの開発やサービスの提供を行ってまいります。

今回、第一弾リリースとなるチャットボット製品「CB1」は自然言語処理技術を活用して、より自然でスムースな日本語による応答処理を実現し、お客様向けのオンライン接客やカスタマーサポートの24時間対応、社内業務向けの問合せ自動応対や、基幹システムと組み合わせた業務自動化など、様々な利用シーンで活用することが出来ます。
従来、お客様からの問合せは電話やメールによる対応が一般的であり、属人化による精度のばらつき、時間や手間がかかってしまうことが否めませんでしたが、問合せ業務をIBM Watsonを活用した自動応対へシフトすることにより、省力化やサービスレベル平準化、24時間対応等の効果を生み出します。

既に本製品は2017年2月より日本電通グループ企業への導入を開始しており、今後は集積した知見を、さらなるお客様サービス向上へ活かしてまいります。

*「日本電通グループ」
日本電通株式会社 (本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長:上 敏郎)
NDIソリューションズ株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長: 岩井 淳文)
NNC株式会社 (本社:新潟県新潟市、代表取締役社長: 仁司 宏一)
四国システム開発株式会社 (本社:徳島県徳島市、代表取締役社長: 日下 修伸)

*「IBM Watsonエコシステムプログラム」
ソフトバンク株式会社と、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)が共同で各業界でIBM Watsonを活用した新しいビジネスアイデアを展開・推進するためのパートナープログラムです。
同プログラムは、IBM Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」と、導入コンサルティングやIBM Watsonを活用したアプリケーションの開発などの技術的支援を行う「テクノロジーパートナー」に分類され、日本電通グループは両プログラムに参加しています。


製品概要

本製品は、問合せ業務を中心に社内外での業務に活用いただけるIBM Watsonを活用した法人向けチャットボットです。
標準機能では問合せ自動応対を行いますが、オプション機能を組み合わせることで、基幹システムと連携した業務の自動化、お客様の声分析による製品・サービス改善へと活用範囲を広げることが出来ます。蓄積した問合せデータをもとに必要に応じて学習させることで、より精度の高い回答、有効な分析に活用出来るようになります。
入出力インターフェースには、オムニチャネル対応としてLINEやFacebook Messengerの利用が可能になる予定です。

本製品の活用システムイメージ、画面例は下図をご参照ください。<図1><図2>

<ビジネス適用例(活用シーン)>

お客様向けサービスへの適用
  • オムニチャネルのオンライン接客に適用することで、ビジネス機会を創出し、売上増に寄与
  • カスタマーセンター支援に適用することで、24時間対応やサービス品質の平準化を実現
  • 対話型レコメンデーションに適用することで、関連する商品をご提案
社内業務への適用
  • 人事・総務・経理等のバックオフィス業務問合せや、製品情報・顧客情報等の営業支援系問合せに適用することで、省力化と回答品質平準化を実現
  • 社内の基幹システムと連携することで、常に変動する業務データのリアルタイム応答や、特定業務の自動化を実現
お客様向けサービスへの適用
  • オムニチャネルのオンライン接客に適用することで、ビジネス機会を創出し、売上増に寄与
  • カスタマーセンター支援に適用することで、24時間対応やサービス品質の平準化を実現
  • 対話型レコメンデーションに適用することで、関連する商品をご提案
社内業務への適用
  • 人事・総務・経理等のバックオフィス業務問合せや、製品情報・顧客情報等の営業支援系問合せに適用することで、省力化と回答品質平準化を実現
  • 社内の基幹システムと連携することで、常に変動する業務データのリアルタイム応答や、特定業務の自動化を実現


「CB1」価格について

基本月額利用料金 ¥480,000 - (税抜) から
※オプション機能につきましては別途費用が必要になります。


IBM Watson について

「IBM Watson」は、コグニティブ・コンピューティングを実現するためのプラットフォームです。クラウド上で提供されるWatsonは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈し、根拠に基づいた回答を提示します。Watsonの詳細は、日本IBM公式サイトをご覧ください。( http://ibm.biz/watsonjp )

※IBM Watson は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。


ソフトバンク株式会社様からのエンドースメント

ソフトバンク株式会社は、日本電通グループの「IBM Watsonエコシステムプログラム」への参画を歓迎いたします。またIBM Watson日本語版を活用した新しいチャットボットサービス「CB1」の提供開始を心よりお喜び申し上げます。
弊社は、IBM Watson日本語版を活用した新しいソリューションに関する日本電通グループとの協業体制を、より一層強化していきます。

ソフトバンク株式会社 法人事業戦略本部 新規事業戦略統括部 Watsonビジネス推進部 部長 立田 雅人 様


本リリース・製品についてのお問合せ

NDIソリューションズ株式会社 広報担当
Tel:03-6422-3892 Fax: 03-6422-3898
E-mail:ndi.info@ndisol.com

日本電通株式会社 広報担当
Tel:06-6577-4191 Fax:06-6577-4147
E-mail:itsol_1@ndknet.co.jp

NNC株式会社 営業担当
Tel:025-378-2221 Fax: 025-370-7221
E-mail:salesinfo@nncnet.co.jp

四国システム開発株式会社 営業担当
Tel:088-626-5550 Fax: 088-626-5544
E-mail:info@ssdc.co.jp