2017年9月15日 13:00 / by セミナー事務局

豊富な対話形式で適用範囲を拡大するAIチャットボット製品「CB2」の販売を開始~ AIチャットボットが基幹システムやRPAと連携し、働き方改革に貢献します ~

日本電通グループ*はIBM Watsonを活用したAIチャットボット製品「CB1(シービーワン)」の上位製品である「CB2(シービーツー)」を2017年9月15日より販売開始いたします。CB2はIBM WatsonのNLC(自然言語分類)APIとConversation(会話)APIを活用することで、様々な対話形式に対応し、AIチャットボットの適用範囲を拡大します。

先行販売中の「CB1」は1問1答形式のAIチャットボットであり、質問に対する回答の確信度が低い場合には「わかりません」といった単純な返答を返して終了しますが、シリーズ第2弾製品である「CB2」は、質問者との対話の継続を実現しています。

例えば質問に対する回答の確信度が低い場合には、「複数回答候補の提示」や「聞き返し」を行うこと、また対話の中で「キーワードの絞り込み(時や場所、名称、数量など)」を行うことで、より確信度の高い回答を導き出します。

CB2では高度な対話形式でのチャットを実現することにより、有人対応に近い自然な対話をすすめながら、質問者が迅速に適切な回答を得られることを支援します。

CB2はCB1と同様に、カスタマーセンター等におけるお客様サポートサービスの24時間対応、社内・社外業務向けの問合せ自動応対、基幹システムと連携した業務データ照会などに活用できます。CB2は、これに加えて対話形式で絞り込んだ意図・要望をRPAや基幹システムと連携し、更新系業務処理の自動化などにも対応する予定です。

AIチャットボットを活用することにより、業務の時短、効率化を支援し、働き方改革に貢献します。

― CB1 オプション製品のCB2への対応について ―

 「有人チャット/ビデオチャット連携」、「LINE等のオムニチャネル対応」、「お客様の声分析」等のCB1オプションは順次CB2に対応する予定です。

― CB2販売開始に伴うCB1の対応について ―

 CB1はAIチャットボットのエントリー製品として引き続きCB2と並売いたします。

 月額料金はCB2の販売開始に伴い、さらにお求めやすい価格へ値下げをいたします。CB1・CB2の価格及び、乗換え(CB1→CB2)に関するご案内については、下記「価格について」をご参照ください。

*「日本電通グループ」

  日本電通株式会社 (本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長:上 敏郎)

  NDIソリューションズ株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩井 淳文)

  NNC株式会社 (本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:仁司 宏一)

  四国システム開発株式会社 (本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:日下 修伸)

製品概要

<表1>CB1とCB2の違い

<表1>CB1とCB2の違い1.png

< ビジネス適用例(活用シーン)>

cb2_business_case.png

< 図1>CB2 システム機能概要

<図1>CB2 システム機能概要1.png

< 図2>CB2 画面イメージ

<図2>CB2 画面イメージ①1.png

<図2>CB2 画面イメージ②1.png

※RPA/基幹システム連携は開発中のオプション機能です。

価格について

CB2 月額利用料金 ¥570,000 - (税抜) から

CB1 月額利用料金 ¥290,000 - (税抜) から

※乗換えについて<CB1 → CB2>

  • CB2移行時にはCB1を解約し、新たにCB2をご契約いただきます。(解約金は発生しません。)
  • CB1学習データ(コーパス)はCB2で活用が可能です。

※乗換えについて<CB2 → CB1>

  • CB2からCB1への乗換えは想定をしておりません。

※オプション機能につきましては別途追加費用が必要になります。

IBM Watson について

「IBM Watson」は、コグニティブ・コンピューティングを実現するためのプラットフォームです。クラウド上で提供されるWatsonは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈し、根拠に基づいた回答を提示します。Watsonの詳細は、日本IBM公式サイトをご覧ください。( http://ibm.biz/watsonjp )

※IBM Watson は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。

本リリース・製品についてのお問合せ

日本電通株式会社 広報担当

   Tel:06-6577-4191 Fax:06-6577-4147

   E-mail: itsol_1@ndknet.co.jp

NDIソリューションズ株式会社 広報担当

   Tel:03-6422-3885 Fax: 03-6422-3898

   E-mail: ndi.info@ndisol.com

NNC株式会社 営業担当  

   Tel:025-378-2221 Fax: 025-370-7221

   E-mail: salesinfo@nncnet.co.jp

四国システム開発株式会社 営業担当  

   Tel:088-626-5550 Fax: 088-626-5544

   E-mail: info@ssdc.co.jp